うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理 - 担当編集者ブログ -

ブログトップ
うちの食卓
「うちの食卓」編集者が綴る、本のこと、イタリア料理、食材の話など。
コメント・TB大歓迎
メールはこちら→
カテゴリ
本のお知らせ
本の補足
ブログ紹介
イタリア食材
調理器具
イタリアのこと
雑記
このブログについて
コメント・TBについて
プリント方法
以前の記事
タグ
検索
link
●こちらから購入できます!
アマゾンで購入する
セブンアンドワイで購入する
楽天ブックスで購入する

●リンク
OVUNQUE
うちの食卓 Non solo italiano


湖のほとりで 公式サイト
関連記事:コチラ
7月18日(土)より
銀座テアトルシネマにて公開

お菓子の店 cuoca クオカ
関連記事:
パスタに合う粉について
1回目 2回目 3回目

サルデーニャ島のオーガニックexvオリーブオイル サンジュリアーノ
関連記事:
taekoさんの
サルデーニャ紀行
その1 その2 その3 その4
taekoさんが作る
サルデーニャ料理
その1 その2
サルデーニャ紀行裏話
1回目 2回目

espressamente illy エスプレッサメンテ イリー 公式サイト
関連記事:
Espressamente illyの
バリスタに聞くエスプレッソ話
1回目 2回目 3回目
ビアレッティのマキネッタを
使ったモカコーヒーの淹れ方
1回目

タカラトミー 【Pasta Pasta パスタパスタ】
taekoさんの
PastaPasta試用レポート
1回目 2回目 3回目
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  タグ:講談社 ( 5 ) タグの人気記事
 
  見本がやって来た!
 

こんばんは、O田でございます。

昨日の夕方、とうとう見本が届きました。
ええ、そうです。やっと本の形になったものとご対面です。

本書の制作が本格化したのは昨年の9月。
それ以来、データで読み、
デザイナーの森さんが組んでくれたテストデザインで読み、
初校、色校、刷り出し…と何度も通しで読んでおりますが、
本になったもので読んで、
ようやく安堵の気持ちで一杯になりました。

ある程度の出来上がりは分かっていても、
やっぱり、完成品を見るまでは、不安でふるふるしているのです。
今日はホントによく眠れそうです(笑)。


c0195533_3462291.jpg
表紙はマットPP。品よく仕上がっております。
ほんのちょっとなら、水がかかっても大丈夫。


c0195533_3464893.jpg
カバーをめくって、「表2(ひょうに)」と言われる部分。
「見返し(みかえし)」の色は茶色みがかったグレー。


「見返し」というのは、
「表紙(ひょうし:カバーを外した一番外側にある、堅い外装)」と
「本紙(ほんし:本の中身)」をくっつけている紙をいいます。
(興味のある方はこちらをどうぞ→大阪府立中之島図書館<「本」の部分の名称

本来は、本の強度を高めるために必要だったそうですが、
今は、見返しがなくても丈夫な本は作れますので、
正直なくてもいいものです。
でも、私自身は(森さんも)、「見返し」があった方が好きですし、
あったほうが、本っぽい感じがして好きなので、
基本的には、つけてもらっております。

しかし、「(見返しは)あった方が好き」と言いながら、
いつもデザイナーに「おまかせいたします」なので、
実は、昨日初めて見ました。
いやぁー、いい色ですよ、森さん!
本の全体の雰囲気をしっとり締めてくれてます。
昨日の午後は、本をパラパラめくりながら、
ずっとうっとりしておりました(アホですね…)

ちなみに、本書のサイズはB5判。
厚みは0.9センチ、重さは310グラムでした。
郵送する際などの参考にしてください。



なお、2枚目の写真にある表2側の帯には、
講談社100周年記念キャンペーン、図書券プレゼントの
応募券がございます。

このキャンペーン、すでにスタートしておりますが、
来年(2010年)3月までの期間中、
毎週100名様に1万円分の図書カードをプレゼントするそうです。
応募券が2枚必要なので、
応募するには、もう1冊、講談社の本を購入する必要があるのですが
もし、本書を買って「応募券が2枚になったよ」という方は
応募してみてはいかがでしょうか。
詳しくはコチラ→ありがとう100周年 毎週総額100万円 講談社 オリジナル図書カードプレゼント



最後にふたつ、お知らせとお詫び。

まずは、お知らせ。
本日(8日)、Exciteブログの
今週のピックアップブロガー」にタエコさんが登場予定です。
更新は夕方頃だそうですが、皆様どうぞ、お楽しみに。


次はお詫びです。
昨日の更新で、次のプレゼントの告知をチラッとしましたが
都合により詳細のお知らせを数日延期します。
楽しみにされていた方、本当に申し訳ありません。
近々に告知する予定でおりますので、ちょっとお待ちくださいね。


講談社MouRa 「うちの食卓」紹介ページ
【タエコさんのブログ 】うちの食卓 Non solo italiano


[PR]
by uchisyoku | 2009-04-08 03:54 | 雑記
  刷り出しを見てきました
 

こんばんは、O田でございます。

プレゼント企画第2弾、
illy パウダーコーヒープレゼント
現在も、応募受付中です。締め切りは4月4日午前8時
皆様、ふるってご応募ください。

また、
espressamente illy 日本橋中央店のドリンク10%オフサービス、も
4月30日まで実施中です。
下記リンク先記事の打ち出しをお持ちいただくと、
アルコール類をのぞく全ドリンクを10%引きいたします。
銀座方面にお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね。

いずれも、詳細は→コチラ

過去記事も併せてどうぞ!
 イタリアンコーヒーの話(1) エスプレッソについて
 イタリアンコーヒーの話(2) エスプレッソの味わい方
 イタリアンコーヒーの話(3) ミルクを加えていろいろ楽しむ
 イタリアンコーヒーの話(4) マキネッタでおうちカフェ

illy パウダーコーヒープレゼント、
すでにたくさんのご応募、ありがとうございます。
まだまだ応募受付中ですが、数名、
ブログリンクを入れ忘れていたり、鍵コメでご応募された方がいらっしゃいます。

 miwa さん(2009-03-27 10:10)
 asawo さん(2009-03-30 10:30)
 Akikito さん(2009-04-01 06:40)
 鍵コメントさん(2009-04-01 20:40)
 峰子 さん(2009-04-01 20:50)

大変恐縮なのですが、再度
上記リンクのコメント欄からご応募いただけるとありがたく思います。
お手数ですが、ぜひよろしくお願いします。



さて、昨日は、こちらに顔を出してきました。

c0195533_2325723.jpg

これじゃ分かりにくいので、もう2枚。
c0195533_2332324.jpgc0195533_2333519.jpg


もう、おわかりでしょうか。
東京は文京区、護国寺にあります講談社の本社ビルです。
1枚目の写真は本館の正面玄関です。これじゃ分かりませんが、
26階建ての超でかいビルなのです。

3枚目の写真は旧本館の出入り口。
1933(昭和8)年に竣工された大変趣深い建物です。
MouRa編集部はこちらの旧本館にありますので、
現在の本館から入場し、かわいい受付嬢さんから入館証をもらって
てくてく歩いて旧本館に行くわけですが、
とても現代的なビルからこちらに移動すると、結構なギャップがあって
いつも不思議な気分にさせられます。


まぁ、そんな話は置いといて、
昨日は、"刷り出し"を確認しに伺ったのでした。

"刷り出し"というのは、簡単に言いますとテスト印刷のこと。
本番の印刷を行う前に少々印刷してみて、
インクの乗りなどをチェックするためのものです。
まぁ、もう印刷は完了し、製本に回っておりますが、
せっかくですので、見に行ったのでした。
N中さんの机をお借りして、パチパチと…。

c0195533_2385079.jpg
もはや、おなじみのカバー写真。右下に印刷会社の担当者さんの確認印が押されています。
ちなみに、印刷会社は『薬膳だから。』と同じ、日本写真印刷さんです。

c0195533_239163.jpg
一番右のページは本扉(ほんとびら)。1枚目のページのことです。


この刷り出し、日本写真印刷の担当者さんによると、
女子社員の皆様に大変好評だったそうで、
「この刷り出し、ほしいです~」なんて言ってきた方もいるとか。
正直に言いますと、もちろん
買っていただくのが一番うれしかったりしますが(笑)
日々たくさんの印刷物を見ている方に、そう言う感想をいただけるのは
大変うれしいものでして、早く皆様にもお目にかけたいものだ…と
しみじみ思ったものでした。


さて、本扉にモノクロ写真がチラリと映っていますが、
これ、実は、3章の扉写真を縮小したものです。
(正確に言うと、3章の扉写真のバージョン違いですが)

本書はオールカラーですが、
章扉だけは、モノクロのイメージカットを使用しております。
「全体が料理写真なので、
扉はちょっと毛色の違う雰囲気のものを」という
大変アバウトかつ、いい加減なお願いにも関わらず、
とても素敵な写真を撮っていただきました。
(モノクロ写真というのも、タエコさんのアイディアです)

ちなみに、3章の扉写真は、お嬢さんに"手タレ"を
していただきました(ありがとうねー)
本文内写真にも、かわいい"手"が登場するものがありますので、
探してみてくださいね。


あ、そういえば、MouRaのプレゼント担当さんから
伺ったのですが、4月17日更新予定のMouRaプレゼントページ
パスタパスタ」が出る予定だそうです(1名様)。
近くなりましたらまたご紹介いたしますね。


講談社MouRa 「うちの食卓」紹介ページ
【タエコさんのブログ 】うちの食卓 Non solo italiano


[PR]
by uchisyoku | 2009-04-01 23:25 | 本のお知らせ
  天パンの謎
 
こんばんは、O田でございます。

まずは、ひとつお知らせです。

昨日より、アマゾンセブンアンドワイ楽天ブックス
3つのネット書店で予約の受付がスタートしております。

もうすでにご予約くださった方も多くいらっしゃるようで
ありがとうございます。
MouRaの『うちの食卓』ページの左下に
各ネット書店へのリンクが貼ってありますので
ぜひ、よろしくお願いします。

講談社MouRa ライフスタイル 「うちの食卓」紹介サイト


ということで、今日の本題です。

書籍を作る際には、「表記統一」という作業がとても大事です。

例えば、じゃがいもひとつとっても、同じ本の中に
「じゃがいも」「ジャガイモ」「じゃが芋」など、混在していてはいけません。
こうやって混在することを「表記ゆれ」といいますが、
このようなことがないように、あらゆる言葉に厳格な社内ルールが存在します。

例えば、共同通信社や朝日新聞、毎日新聞などの用語集は
市販されていて、
「それに従って」という場合もありますが、
講談社のように歴史ある会社で(今年で創業100周年だそうです)、
かつ社内に校閲部をお持ちの場合は
こんな本が、ちゃんと存在していたりします。
c0195533_036859.jpg


ちなみに、講談社では
「じゃがいも」は、「じゃが芋」と表記するのが基本ルールです。
もちろん、著者に「じゃがいもは『じゃがいも』でなければ!」という
強い思い入れなどがある場合はこの限りではありませんが、
ない場合は、まぁ、基本ルールに従いましょう、
ということになっております。

なので、タエコさんからいただいた原稿も、
この表記ルールに従って書き換えられています。

ということで、入稿前に、一度、そうやって書き換えたものを
タエコさんお送りして、確認をしていただいたのですが、
その中に、「ん!?」と、ご質問をいただいた用語がありました。

「天パン」という言葉です。

字で書くと見慣れない感じがすると思いますが、
オーブンの中に入れる皿のことです。
「天板」と書く方がしっくりくる…という方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
事実、Googleで検索すると、
「天パン」よりも「天板」のほうが、はるかにヒット数が多いですし。

しかし、『用字用語ガイド』ではこのようになっています。
c0195533_0451436.jpg


ご丁寧にも「『天板』は使わない」とも記されておりますが
事実、広辞苑で確認しますと、
てん-パン【天―】
(パンは平たい鍋)天火(てんび)の中に入れて用いる皿状の鉄板。オーブン-プレート。
ちなみに、「天板」を同じく広辞苑でひきますと、
てん-ばん【天板】
箪笥などの最上部の板。
とありました。

今では「天板」でも通用する以上、必ずしも間違いではないのでしょうが
こうやって厳密に言葉を表記するというのは、
本を作る上ではとても大事なことなのではないか、とは思います。

というわけで、『うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理』では
オーブンを使った料理がいくつかございますが、
いずれも、「天パン」と表記してございます。

おそらく講談社のほとんどの料理本では
「天パン」と表記されている…と思います。
お手持ちの本がございましたら、ぜひ見てみてください。
[PR]
by uchisyoku | 2009-02-05 01:10 | 本のお知らせ
  つかの間の一段落
 
昨日、無事に書籍化のご報告ができてほっとしているO田です。
早速コメントをくださった皆様、ありがとうございます。
正直、やっぱりドキドキしていたので、皆様のコメントは
本当に心にしみました。
今後ともぜひ、よろしくお付き合いください。


さて、本日、『うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理』は
なんとか、初校ゲラを印刷所に戻すところまでこぎつけました。

ちなみに、全体の制作の流れで言うと、
「初校ゲラを印刷所に戻す」というのは、下記の部分になります。


企画書作成

出版社のゴーサイン

制作
・本の構成を決める
・掲載レシピを決める
・撮影
・印刷テスト
・原稿、レシピ作成
・レイアウト作成

印刷所入稿

初校
↓ ←いまここ
色校

印刷、製本

配本

発売


初校ゲラというのは、
タエコさんにいただいた写真と原稿を
デザイナーさんがきれいにレイアウトしたデータを
印刷所に渡し、
最初に出てくる校正紙のことを言います。

これを担当者全員が読み返し、
誤字、脱字、おかしな言い回し、レシピの確認などなどを
チェックしていくわけです。
もちろん、タエコさんにも頑張って読んでいただきました。
おつかれさまでしたー。


というわけで、ゴールはもうすぐだ―という感じなのですが、
なんといいますか、まだ、とてもそんな気分になれません。

だって、こんな感じなんですもの。

c0195533_218222.jpg

携帯のカメラなので、小さくてわかりにくいのは
ご容赦いただきたいのですが、
まぁ、でるわでるわ、赤字の山…。
加えて、講談社校閲部、および講談社ご担当のN中さんからの
的確な指摘もてんこもり。

ここまでびっしり赤字を入れるというのは、
とりもなおさず、私の原稿整理が甘かった…というわけで
皆さん、大変申し訳ないー(特に印刷所の皆様、すみませんー)。

とりあえず、修正作業は印刷所にお任せなのでつかの間の一段落ですが
また、来週には再びゲラチェックです。

[PR]
by uchisyoku | 2009-02-03 21:38 | 本のお知らせ
  「うちの食卓」発売日は4月11日!
 
突然、「告知をせい」といわれても
いったい何から言えばいいんだか…一瞬途方に暮れたのですが
とにかく、まずは皆様にひとつご報告。

エキサイトブログで人気の、あの
うちの食卓 Non solo italiano」が再び本になります。

c0195533_17363242.jpg

タイトルは、
『うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理』

見どころは、
タエコさんのスタイリングによる撮り下ろし料理写真で構成!
パスタ、野菜料理、ドルチェの3章構成で全50品掲載! 
もちろん、詳しいレシピつき!


講談社より、4月11日(土)発売予定です。

他にも見どころは山ほどありますが、
なんか、長くなってしまうので、おいおいご紹介させていただきたいと思います。


大変申し遅れましたが、わたくし、
本書の編集を担当するO田と申します。
これからしばらく、このブログで皆様に本書のご紹介や
その他もろもろな情報をお届けしたいと思います。
ぜひ、よろしくお見知りおきください。

ご意見、ご感想、ご質問など、ございましたらなんなりと、
コメント、トラックバック、メールと、お好きな方法でお送りください。
可能な限り、お返事させていただきたいと思っています。


さて、本日、本ブログと同時に講談社MouRaのサイトでも
特設ページがオープンしております。
講談社MouRa ライフスタイル 「うちの食卓」紹介サイト

小さくて恐縮ですが、そちらには
本書に掲載予定の写真が数枚、掲載してございます。
そちらもぜひご覧ください。

[PR]
by uchisyoku | 2009-02-02 18:06 | 本のお知らせ


お気に入りブログ
最新のトラックバック
手打ちパスタと前菜いろいろ
from MINT
「うちの食卓」のラザーニ..
from 別冊aradas☆japan
うす曇りのマチェドニア
from 神戸 original ki..
パスタマシンで手打ちラザニア
from 天然酵母パン粉闘記
五月のチェリータルト
from 神戸 original ki..
ナスのフジッリ by う..
from Kitchen diary
茄子のソース by うち..
from 神戸 original ki..
Grazie mille..
from La Casa dei Vi..
ほうれん草とリコッタチー..
from MINT
ミルフィーユ風ラザニアb..
from 神戸 original ki..
栗と胡桃の和風タルト
from 神戸 original ki..
ブロッコリーとリコッタチ..
from MINT
リコッタチーズとほうれん..
from MINT
ファルファッレ 豚挽肉の..
from MINT
西東京の食卓③
from 別冊aradas☆japan
イタリアンでバースデーパ..
from Kitchen diary
illyのEspress..
from 今日のゴハン
ブロード作ってます
from MINT
マイブーム
from T's ~ 私流日々
Mangiate di ..
from La Casa dei Vi..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧